愛知県の業者

愛知県では、2005年に「あいち地球温暖化防止戦略」を策定し、その推進を図ってきていますが、本格的な低炭素社会の実現に向けた更なる取組が求められることから、先ごろ、2020年度を目標とする「あいち地球温暖化防止戦略2020」を策定しました。

この戦略では、2050年頃に、持続可能な低炭素社会を作ることを長期的な目標とし、2020年度の温室効果ガス排出量を1990年度比で15%削減すると言う意欲的な目標を立てました。目標達成のための具体的な対策としては、「再生可能エネルギーと省エネ化によるゼロカーボンライフへの挑戦」「産業・産品の低炭素化の推進」「低炭素社会を支える都市・地域基盤づくり」「低炭素化への意識・行動変革の推進」という4つの骨太の方針を定めています。

こうした方針の下に、さまざま対策が打ち出され、実行に移されていますが、その中の一つが、愛知県における住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金制度です。太陽光・太陽熱や風力、バイオマス等の自然エネルギーは、石油や石炭等の化石燃料と異なり、クリーンで枯渇する恐れのない再生可能エネルギーです。自然エネルギーを利用した環境にやさしい新エネルギー施設は、化石燃料の消費抑制や地球温暖化防止の促進のため、全国的に注目が集まっています。

太陽光発電は、太陽光がシリコン半導体などに当たると電気が生ずる現象を利用したものです。つまり、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電システムです。太陽光発電システムでは、定格出力1kW当たり、年間1050kWhの電力を発電します。

愛知県は年間の日照時間が長く、太陽光発電の導入に適した地域といわれており、住宅用太陽光発電施設の導入件数は全国第一位です。

住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金制度は、愛知県内の市町村が、住宅用太陽光発電施設を導入する個人に対して、その導入に要する経費の一部を県が補助することにより、温室効果ガスの排出を抑制し、地球温暖化防止に寄与することを目的としています。

補助は、次の要件をすべて満たすことが必要です。「個人が申請すること」「市町村補助金の補助対象であること」「自ら居住する住宅に設置すること(共同住宅や店舗兼住宅の場合も住宅の確認が出来、居住の実態があれば対象となります)」「施設は未使用品であること」「最大出力の合計が10kW未満であること(ただし、県の補助対象は4kW上限)」。補助額は市町村補助額の4分の1または4000円/kW×出力(kW)(4kW上限)の低い方の額となっています。

愛知県の補助は、市町村との協調間接補助で、補助を実施している市町村の補助に対して県が応分の負担をするもので、市町村を通じて補助金を支給する仕組みです。

簡単!無料!の「一括見積もりサービスサイト」ランキング!!

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 300企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
>> 2位〜5位のランキングはコチラをクリック! <<