ガス併用について

太陽光発電システムを導入する場合、オール電化にした方がメリットが大きいとよく言われます。確かに昼間、日照のよい時間帯では太陽光発電の発電量が多いので、積極的にそれを利用し、夜間には、安い深夜電力を利用すれば、家計の節約につながります。とすれば、家庭における厨房、給湯、暖房など、通常、ガスで熱源を供給していた部分をすべて電気に代える、いわゆるオール電化にすればよいかというと、必ずしもそうとばかりいえません。従来どおりガスを併用するメリットもあるようです。

ガスによる熱源と電気による熱源で大きな変化があるのは、給湯部分です。通常のガス併用の住宅では、ガス給湯器が設置されており、スイッチをひねれば瞬時にお湯が出ます。瞬間湯沸かし器とも呼ばれます。しかし、こうした機能を電気による熱源に求めることは不可能でしょう。電気で瞬間的にお湯を沸かすためには、非常に大きな電力を必要とし、一般家庭で使用することはまず出来ません。

電気による瞬間湯沸し器を利用できないとなると、オール電化住宅の場合は、電気温水器のように一定量の熱いお湯をためておき、薄めながら使うという選択肢に頼ることになります。最近はエコキュートと呼ばれる省エネ型の給湯器が販売されていますが、この給湯器を使う場合は、料金の安い深夜電力で沸かしたお湯をためておくタンクを設置するスペースが必要になります。タンクのお湯がなくなれば、昼間の場合、高い料金の電気を使ってお湯を新たに沸かさなければなりません。この点が、ガスによる瞬間湯沸し器と比べた不便な点といえます。エコキュート自体の価格も現在のところ、まだ高額のようです。

電気温水器やエコキュートの場合、お湯を長時間タンクに貯蔵するため、水質が悪くなる恐れがあります。そのため、タンクを定期的に掃除するのが原則です。ガスによる瞬間湯沸し器の場合は、そうしたことはなく、お湯を飲料用に使ってもOKです。

オール電化住宅の場合、一番不安なのは、停電になった場合、すべての機器がストップし、調理などの一部の家事を行うことが不可能になります。ガスコンロや給湯器を併用していれば、停電時でも調理などはできます。

もちろんオール電化にも、利点は多くあります。火を使わないので火災に対する安全性が高い、室内の空気が汚れない、生活スタイルを深夜電力シフト型にすれば電気代を大幅に節約できる、などなどです。オール電化とガス併用型のどちらがよいか、それぞれのご家庭のライフスタイルによって決まるといえるでしょう。

簡単!無料!の「一括見積もりサービスサイト」ランキング!!

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 300企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
>> 2位〜5位のランキングはコチラをクリック! <<